石本正「絵を描くということ」

381回表示

石正美術館 石本正 絵を描くということのちらし
石正美術館 石本正 絵を描くということのちらし

―画家にとって《絵を描くこと》とは―
「感動」と「心」を大切にしながら絵を描き続けた日本画家・石本正。
後半生に描かれた代表作にスポットを当て、画家として貫いた姿勢と、
生涯大切にしていた思いに触れます。

【展示会名】

石本正 絵を描くということ
 
 

【会期】

令和2年9月8日(火)~12月21日(月)  9:00~17:00(入館は16:30まで)
 月曜休館(祝日の場合は開館、翌平日休館)
 
 

【場所】

浜田市立石正美術館 (浜田市三隅町古市場589)
 
 

【料金】

一般  600(500)円
高校・大学生  300(240)円
小・中学生  200(160)円

 ※( )内は20名以上の団体料金
 ※毎月第3日曜日に家族でご来館された高校生以下の方の観覧無
 ※敬老の日(9/25)は65歳以上観覧料無料
 
 

【問合せ】

浜田市立石正美術館
 TEL 0855-32-4388
 
 


 モデルコース
三隅エリアで巡る♪ おすすめコース

世界に誇る石州和紙の手すき体験コース“チェックマーク”

石見神楽の里巡り~伝統技術~ “チェックマーク”

第二次幕長戦争石州口の戦いゆかりの地をめぐるコース“チェックマーク”

るんるん気分で浜田の春を巡って楽しむコース“チェックマーク”