歴 史
浜田藩ゆかりの寺院を巡るコース

激動!浜田藩の歴史をたどる。
浜田市内の町並みを楽しみながら、浜田藩の歴史を彩った英雄たちゆかりの寺院をめぐるコースです。浜田の歴史にタイムスリップ!

観音寺(かんのんじ)

 

幕末、石州口の戦いで扇ケ原関門を死守した岸静江や12代康定の儒臣で本居宣長の高弟であった小篠敏の墓があります。

住所 浜田市真光町63
TEL 0855-22-1339
詳細 くわしい情報はこちら

宝珠院(ほうじゅいん)

『古田騒動』で知られている古田重恒公の墓

2代重恒が初代重治と自身の菩提寺として建立。境内には重恒の供養墓である大型の五輪塔があります。

住所 浜田市真光町83-1
TEL 0855-23-1665
詳細 くわしい情報はこちら

長安院跡(ちょうあんいんあと)

松平周防守家の菩提寺

長安院跡には、5代康員、7・11代康福、12代康定の分霊墓や国家老岡田家をはじめとする家臣の墓も多くあります。

住所 浜田市蛭子町616
TEL 0855-24-1085(浜田市観光協会)
詳細 くわしい情報はこちら

妙智寺(みょうちじ)

松平右近将監家の菩提寺

本堂裏手に右近将監家の位牌堂と16代武揚の墓所があります。浜田で唯一の本葬墓で、石扉には葵紋が刻まれています。

住所 浜田市殿町1309
TEL 0855-22-3253
詳細 くわしい情報はこちら

極楽寺(ごくらくじ)

徳川秀忠の拝み墓

初代古田重治が松阪から浜田へ到着したとき、一時仮の居館としたと言われています。徳川秀忠の拝み墓があります。

住所 浜田市元浜町217-1
TEL 0855-22-1166
詳細 くわしい情報はこちら

浜田城跡(はまだじょうせき)

階段を上り、石垣を渡った先に絶景スポットあり!

島根県の指定重要文化財に登録された、現在桜の名所として有名な『浜田城跡』。1623年に築城、1866年に長州軍によって落城しました。幕末の浜田藩を偲んだ司馬遼太郎の「浜田藩追懐の碑」があります。

住所 浜田市殿町123-1
TEL 0855-24-1085(浜田市観光協会)
詳細 くわしい情報はこちら

浜田市浜田郷土資料館(はまだしきょうどしりょうかん)

浜田の歴史や人々の生活が丸わかり!

下府平野に石見国府がおかれた古代、朝鮮貿易を行った中世、浜田藩がおかれた近世から現代まで、浜田の歴史や人々の生活などに関する資料を収集、保管、展示しています。

住所 浜田市黒川町3746-3
TEL 0855-23-6453
詳細 くわしい情報はこちら
島根県浜田市オフィシャルサイト  
はまごち  
HAMADA DIARY  
島根県浜田市ふるさと寄附特設サイト  
浜田よりんさいと  
島根県立しまね海洋館アクアス  
しまねお魚センター  
なつかしの国石見  
ご縁の国しまね  
萩・石見空港  
山陰インバウンド機構公式サイト