三隅大平桜(国指定天然記念物)
みすみおおびらざくら くにしていてんねんきねんぶつ
昭和10年に『国の天然記念物』に指定、大迫力の「大平桜」
推定樹齢約660年、枝張り東西24m、南北29.6m、ヒガンザクラとヤマザクラの両方の性格を併せ持った貴重な品種「ミスミオオビラザクラ」は、国の天然記念物に指定されています。毎年「大平桜まつり」も開催され、県内外から多くの人が訪れます。
エリア・カテゴリー
基本情報
住 所 699-3214 島根県浜田市三隅町矢原1257番地外
電話番号 0855-24-1085(浜田市観光協会)
営業時間、定休日 【花の見頃】3月下旬~4月上旬
駐車場 無料
備考 この桜は、所有者である(故)大平富太郎氏の祖先が、馬をつなぐために植えたと伝えられています。
所有者の屋号が「大平」、また木の所在地の字名も「大平」というので、「三隅大平桜(ミスミオオビラザクラ)」と名付けられました。
品種は「大平桜」(学名 Prunus Ohiraensis Miyoshi)として分類され、若芽は帯黄色で彼岸桜、枝葉の形状は山桜と、両方の性格を併せ持った大変貴重な品種です。
推定年齢は660年、目通幹囲6.32m、根元周囲5.38m、樹高17.0m、枝張東西24.0m、南北29.6m、大平桜の日本一の巨木です。
花は白色で、満開の時には、その枝張りの雄大さから、あたかも雪の小山を見るような景観を呈します。
昭和10年(1935年)の国指定時には幹枝が11本ありましたが、山火事、台風などで被災した為、現在は4本が残っています。

開花情報

ライブカメラを 拡大表示する

★★★桜の開花状況は浜田市ホームページからご確認いただけます★★★

このスポットの近くにあるお宿