体験レポート★ワンにゃんべぇハウス大江屋へ行ってきました♪(中編)

289回表示

ワンにゃんべぇハウス大江屋の手打ちそば体験

2020年7月21日(火)にお邪魔してきた、しまね田舎ツーリズム推進施設で、当協会の会員でもある
浜田市旭町の『ワンにゃんべぇハウス大江屋』さん。
今回は、体験レポートの中編をお届けします♪


初めてご覧いただく方は、
体験レポート★ワンにゃんべぇハウス大江屋へ行ってきました♪(前編)
を先にご覧くださいねm(._.)m♪
 
 

ワンにゃんべぇハウス大江屋のおとおちゃんおかあちゃん
こちらが、大変お世話になった大江屋のおとおちゃんとおかあちゃん♪大江屋の成り立ちは前編をご覧くださいね♪

さてさて、わー!キャー!言いながらおとおちゃんにサポートしてもらって作った手打ちそば。
 
ついに、出来上がりました!
 

ワンにゃんべぇハウス大江屋の手打ちそば体験
じゃーん!!!初めての手打ちそば(二八そば)
ワンにゃんべぇハウス大江屋の収穫体験
どーん!!!手前から時計周りにトマト・大葉・いんげん・ししとうの天ぷら
ワンにゃんべぇハウス大江屋の手打ちそば体験
採れたて卵たち・ 初めて作った手打ちそば・みんなで収穫した採れたて野菜の天ぷら

10時くらいに到着して、あれこれしてちょうど12時くらいに出来上がりました!

そばのつゆは、ノーマルな麺つゆと
おとおちゃんの出身地・埼玉県の郷土料理『すったて』

この『すったて』、ここ浜田では馴染みが無く食べたことがありませんでしたが、ものすごく美味しかったんです!!!

せっかくなのでレシピをご紹介♪
 
 

ワンにゃんべぇハウス大江屋のすったて
左が『めんつゆ』、右上が『すったて』

★★★大江屋のおとおちゃんの『すったて』レシピ★★★
 <材料(5人分)>
  白ごま  1カップくらい
  黒ごま  大さじ3くらい
  味噌   大さじ3くらい ※家庭にあるものでよい
  めんつゆ 適量
  玉ねぎ  半玉
  きゅうり 3本くらい
  大葉   10枚
  ミョウガ お好みで
 
 <作り方> 
 1 白ごまと黒ごまを8:2くらいの割合ですり鉢に入れてごまを擦る
 2 きゅうりをスライサーで薄切りにする(輪切り)
 3 玉ねぎをみじん切りにする
 4 大葉とミョウガを千切りにする
 5 1に味噌を加えて刷り棒で混ぜる
 6 5にめんつゆと3、4で用意した玉ねぎ・大葉・きゅうりを少しずつ加えてすり潰すように混ぜる
   ※全部入れなくていいです。適量で!(アバウトでごめんなさい)
 7 きゅうりがしなっと柔らかくなったくらいで完成!残りの具は途中で追加したりして食べます!

 ◎材料の分量はだいたいです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ワンにゃんべぇハウス大江屋のすったて
ごまを擦る人・きゅうりをスライスする人・野菜をトントンする人で分かれて調理体験
ごまのいい香りと大葉の匂いでお腹が空いてきます。グゥ~
ワンにゃんべぇハウス大江屋のすったて
用意した材料をすりすり・・・!味噌やつゆの量はおとおちゃんが監修!

そして、ようやく「いただきま~す!」
おとおちゃんとおかあちゃん、私たち3人全員でいただきました。

まずは、みんな『すったて』にそばを付けて・・・・・くぅ~!美味しすぎる~!

しばらく、『すったて』に夢中になる私たち。

「ごま」と「味噌」と「めんつゆ」だけでも美味しいのに、「きゅうり」・「玉ねぎ」・「大葉」の薬味が
絶妙にからまってとにかく美味しいんです!!!

埼玉では普通うどんに付けて食べるそうですが、そうめんにも合いそうですよね!
 

ワンにゃんべぇハウス大江屋の手打ちそば体験
ズッズズーッ!!お、美味しすぎる~(悶絶)!
ワンにゃんべぇハウス大江屋のうずらの卵
めんつゆには、産み立てのうずらの卵を落としてくれました。右が数日経った卵。左が本日産み立ての卵。ぷっくり感が違います。

うずらの卵が入った月見そばも最高でした!
贅沢にもそばと卵をつるっと一口で。美味しすぎる~(悶絶×2)!
 
夢中で食べるあまり、途中で気づいたのですが、食べ続けていたのは、近くにあった私たちが打ったそば。
おとおちゃんが手本に打ってくれたそばが、横にあります。

あれ?もしかして味が違うかな?とおとおちゃんのをズズッ!!!

わ~!!!!違う~!!!!!美味しすぎる~!!!!!!
自分たちが打ったのも美味しかったですが、やっぱりおとおちゃんが打ったものの方が
「香り」「舌触り」「歯ごたえ」全部違います。

おとおちゃんに聞くと、やっぱり粉を混ぜてからこねて伸ばして切るまで時間がかかりすぎてしまったようです。
その「差」がこんなに味に出るんですね!!!とっても勉強になりました。

みなさん!「そばを打つ時は、素早く!」が、一つのポイントですよ~!


そ・し・て・・・

ワンにゃんべぇハウス大江屋の卵かけご飯
今朝、産み立てのぴちぴち卵を麦入りご飯に♪
ワンにゃんべぇハウス大江屋の卵かけご飯
ザ・大江屋’s TKG! 卵かけごはんでいただきます!

『産み立て卵の卵かけごはん』

本日、楽しみにしていた体験の1つです!

さてみなさん、上の写真で手前の卵の黄身の色と奥の黄身の色が違うのが分かりますでしょうか??

同じ小屋で同じエサをあげて飼っているニワトリでも
好きなエサが違うようで、食べるエサによって卵の色が違ってくるそうです。
野菜ばっかりたべるニワトリもいれば、米ばっかり食べるニワトリもいるんだそうです。
 
卵の味も普段食べる卵より濃く、コクもあって予想以上に美味しいたまごかけごはんでした!

大江屋さんの新鮮卵、浜田市旭町の地域交流プラザ まんてんで販売されてます。

旭町の大自然で育った有精卵、おすすめです!
 
ちなみに、「有精卵」の定義ってみなさんご存知ですか??
ずっと気になってたのでおとおちゃんに聞いてみたところ、
メス10羽に対してオス1羽以上を一緒に飼育していると、「有精卵」と認められるそうです(`・∀・´)エッヘン!!
  
  

ワンにゃんべぇファーム大江屋の有精卵
FACEBOOK・ワンにゃんべぇハウス大江屋より

こんなに食べれるかな~!?なんて言ってたけどあっとゆう間に完食!!!
天ぷらもそば粉で揚げていただいたものでサックサク!
途中、ししとうに当たって辛い~!と大笑いしながら楽しく、そして本当に美味しくいただきました!
 
前編を公開後、次回は後編で!とご案内していましたが、まだまだ体験は続きます。
ということで、今回のレポートは急遽(中編)とさせていただきます!

次回、最終回(後編)では、あの世界で初めて缶コーヒーを発明した浜田の偉人・三浦義武(みうらよしたけ)の
『ヨシタケコーヒー体験』からスタートです。

おとおちゃんって何でもできてすごいなぁ。。。!

ワンにゃんべぇハウス大江屋の猫しいた
今回、かわいい動物たちが出てこなかったのででぶたくんのオフショットを★かわいすぎます!!!

続きは、体験レポート★ワンにゃんべぇハウス大江屋に行ってきました!(後編)で♪ 


*******************************************

今回体験させていただいたのは、

『ワンにゃんべぇハウス大江屋』
  島根県浜田市旭町山ノ内617-2
  TEL 090-1454-2298
  E-mail 12bleat-oheya@gmail.com
  URL https://12bleat-oheya.jimdo.com/

さんです。

素敵な体験と時間をありがとうございました!